京都市【フェアネス】は皮膚科 岡田佳子医院へ

京都の皮膚科

 

岡田佳子医院が選ばれる理由

当医院は京都では初めての美容皮膚科として四条烏丸に誕生し、これまで60,000人以上の方々にご利用いただきました。四条烏丸の大丸の近くで買い物に便利な立地でありながら、すべて個室で施術。自転車やバイクの駐輪も可能。ほとんどの治療は痛みがなく、当日もしくは翌日からメイクOKです。

 

岡田佳子医院の特徴

脱毛は、針脱毛、3種類の機種によりレーザー高速脱毛が行なうことができ、脇・膝下・腕だけでなくVライン、Iライン、Oライン、乳首、陰部、ヒゲなど全身の永久脱毛が可能。全身コース有。ニキビに対しては、化膿だけでなく赤みや黒ずみ、凹凸の治療まですべてサポート!シミに対しては、レーザー、ホワイトピーリング、塗り薬と幅広く対応します。さらに衛生面(感染症対策)を重視し、リスクの低い治療を心がけています。

当医院は男性の受診が多く、主にうす毛・ニキビなどで受診をされます。また、うす毛治療は平成15年からやっています。男女ともに、フィナステリドやミノキシジルやサプリメントなどの内服。赤色LED照射、頭皮に直接、育毛剤注入し効果を上げています。

 

【フェアネス】岡田佳子院長紹介

  • 京都府京都市生まれ。
  • 日本皮膚科学会認定専門医
  • 日本医学脱毛学会会員
  • 1992年、大阪医大病院皮膚科入局後、美容皮フ科のパイオニアである名古屋大学付属病院分院皮膚科へ国内留学。故早川律子教授指導のもと、化粧品かぶれ、ニキビ、シミ、シワ、金属アレルギー、アトピー性皮膚炎について学ぶ。
  • 1995年四条新町にて『皮膚科 岡田佳子医院』開院、2007年に四条室町へ移転。数多くの女性週刊誌に取り上げられ、テレビ番組にも生出演。

 

Screenshot of okada-keiko.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です